カラーが出来なくてプリンになった髪色におすすめなローライトカラー! 妊娠中の妊婦と授乳中のママの髪型は訪問美容室で

BROTE
佐久間

「もう、美容室もなかなか行けないから暗くしようかな。。。」

「プリン目立たないようにしたいな。。。でも、真っ黒は嫌だな。。。」

なんてお悩みのママ、多いのではないでしょうか?

そんなママに、とってもおすすめなカラー『ローライト』をご紹介します!

 

ローライト

ローライトとは、ハイライトの逆で、黒いメッシュです。

 

 

たまにのぞく明るい髪の束が、立体的にみえてかわいいのです。

今回は、このローライト技術のレポです。

ローライトは、中々美容院に行けない方がおしゃれに清潔感を保てるおすすめのカラー技術です。

 

 

上記の写真の方。

前回ブリーチをして、色落ちしている状態です。

 

これから妊娠生活をする上で、今までのように頻繁にカラーができないけど黒髪は嫌です。何かいいのあります?
BROTE佐久間

それなら断然ローライトがおすすめですよ!

 

このローライト、可愛いのでオススメしちゃうのですが、

デメリットも実はあるんです。 泣。

その辺も踏まえて説明していきますね。

 

黒染めでローライトをいれる

まずは黒染を使ってローライトを入れる場合。

色が落ちにくいのでモチがよく、根元が伸びてきても馴染むのでプリンが目立たないというメリットはあります。

しかしながら、色モチが良い反面、落ちてきたら赤茶になりやすいです。

またローライトが飽きてしまっても直すのが難しいというデメリットがあります。

 

ファッションカラーでローライトを入れる

続いてファッションカラーでローライトを入れた場合。

青みの黒でローライトを入れると、明るい部分と混じり透明感を出せるメリットがありますが、残念ながら色落ちは早いです。

ただし色モチが悪い反面、次のカラーに響かないというメリットはあります。

 

BROTE
佐久間
色持ち重視なら黒染。またすぐ明るくしたくなるかも〜って人はファッションカラー。
悩んでしまいますよね。

 

結果、今回のお客様は、カラーを毎月変えて楽しんでいらっしゃるくらいカラーが好きなので、黒染は却下。また明るくしたくなる可能性が高いですからね。

ファッションカラーでも、ブラック系統の色は出せます。黒染との違いは色落ちするかしないかです。

では、ファッションカラーで青みの黒をローライト(筋状)に入れる事にしました。

どうでしょう?

外人さんの様な透明感が出ました!

明るい部分はカラーはしないでそのままです。

ただローライトを入れただけなのですが、全体カラーをしたような白っぽさ、アッシュ感をだせました。

とっても立体感がでて綺麗ですよね。

パチパチ。

 

BROTE
佐久間

持ちがよいので、ママには黒染めローライトがオススメかなあーと思うのですが、飽きやすい方、ロングヘアの方はファッションカラーでローライトがおすすめですね!

 

プリンが絶対に嫌なおしゃれママ、参考になりましたでしょうか?

色が落ちたら、ぜひBROTEを呼んでくださいませ!

 


BROTEは東京・青山・原宿で活動する夫婦二人で自宅に伺う妊婦・育児ママ専門の『訪問美容室』です。

体調や育児で大変なママの時間と都合に合わせて従来の訪問美容室にはない『ハイクオリティーとおしゃれ』を運びます。

また訪問美容をご希望でない方はサロンへおいでいただくことも可能です。

サロンの場所は東京の明治神宮前(原宿・表参道)にございます。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料相談は→こちら

-BROTE全国展開のお知らせ-

2019/6月に発足した『妊婦・育児ママ 専門訪問美容室BROTE』も、自分たちの想像を上回るご反響をいただき、スタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。

そして当初から、お問い合わせの多かった地方への出張を2020/4月より行うことを決定いたしました。

家族3人、キャピングカーに乗りながら全国を回ります。

東京・表参道/原宿で培った20年分の技術の集大成を、ご自宅で皆様に全力でご提供させていただきます。

※2020/2月-3月 活動範囲 東京23区内(千葉、埼玉、神奈川は応相談)

※2020/4月 活動範囲 北海道十勝地方全域

ご予約・ご相談はこちらから