冬になったら意識しよう!髪の毛の静電気は髪を傷める!その対処法おしえます

佐久間
こんにちは!BROTEの佐久間です
冬にそなえよう!実は髪を傷める静電気の豆知識と防ぎ方をお伝えします。

 

そろそろ、わたしの嫌いな季節。

冬がやってきます。。。

 

冬になると気になるのが乾燥。

乾燥した季節になると発生するのが静電気。

佐久間

静電気、嫌ですよねー。

静電気の髪への影響

冬にエレベーターのスイッチを押したらバチっと静電気がくる時ありますよね。

佐久間
びっくりするし痛いですよね。

これはたまっていた静電気が一気に流れることでバチッとくるんです。

この”バチッ”が髪の毛でおきているわけです。

髪の毛なので痛みは感じませんが静電気はキューティクルを傷つけます。

キューティクルとは?

キューティクルとは髪の表面を覆うウロコ状に重なるタンパク質の層です。

このキューティクルが、髪に含まれている水分、タンパク質の流失を防いでくれています。

静電気がこのキューティクルを傷つけてしまうことでキューティクルが剥がれます。

剥がれてしまった所から、水分やタンパク質がもれてしまうので髪の毛がパサついて、手触りも悪くなってしまうんです。

そして、静電気は、毛先から毛根へも流れてゆき、頭皮や毛根にまでダメージを与えてしまう事で髪の生成にも悪影響をもたらします。

最悪な事に、静電気は空気中の小さなゴミやホコリまで引き寄せてしまい、髪の毛が汚れる原因にもなります。

女性にとって本当に最悪!!

静電気は髪にとってよくない事だらけなんです。

静電気は体にも影響する!

実は静電気は、髪だけではなく、体調にも悪影響をもたらすんだそうです。

肩こりや関節痛、頭痛、冷えが起こりやすくなるんだとか。。。

詳しい事はまだ解明されていないそうなのですが。。。

佐久間
確かに冬になると肩こりが増すような気がしますね。。。

静電気を防ぐには

では本題に。

静電気は、湿度20%以下、気温20%以下で発生しやすくなるようです。

その環境下で、摩擦がおこると静電気がおきるんです。

なので保湿が効果大なのです。

乾燥を予防するために

•加湿器を使う

•お風呂あがりにアウトバストリートメントを使う

•肌の保湿もしっかりと!

•お出かけの時は髪の毛にバームを使う

(バームは保湿たっぷりだから、かなり効果的ですよ!)

•お水を飲む(体の中から保湿!!)

素材を気をつける

その日に着ている服のせいで静電気が起きることもあります。

その原因は組み合わせでした。

ウール、ナイロン→+プラス

アクリル、ポリエステル→ーマイナス

 

例えば。。。

ポリエステルのシャツ(ー)にウール(+)のセーターを重ねると静電気が起きやすくなる。。

その組み合わせで、肌や髪の毛が乾燥していると最悪なようです。

佐久間
うわ〜冬はやってしまいそうなスタイルですね。
柔軟剤を使うのも効果的なようです。
冬はセーター着たいですよね!!
組み合わせの素材に気を使って電気を防ぎましょう。

ヘアブラシの素材

髪の毛に艶をだしてくれるヘアブラシ。

しかし、プラスチック製の物は静電気が起きやすいので、保湿材をつけてからブラッシングしてくださいね。

豚毛や天然毛、木製素材のブラシは静電気が起きにくいようです。

 

まとめ

子供の頃に下敷きで静電気を起こして遊びましたが、やってはいけないことでしたね。。。笑

調べるうちにどんどん静電気の嫌な部分を知り、とっても勉強になってしまいました。

・まずは保湿!
・着る服に注意!
・ブラシは天然素材の物を!

 

皆さまいかがでしたでしょうか?

不快な静電気を取り除いてしっとり艶っぽく冬を迎えましょう!


BROTEは東京・青山・原宿で活動する夫婦二人で自宅に伺う妊婦・育児ママ専門の『訪問美容室』です。

体調や育児で大変なママの時間と都合に合わせて従来の訪問美容室にはない『ハイクオリティーとおしゃれ』を運びます。

また訪問美容をご希望でない方はサロンへおいでいただくことも可能です。

サロンの場所は東京の明治神宮前(原宿・表参道)にございます。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料相談は→こちら

-BROTE北海道展開のお知らせ-

『妊婦・育児ママ 専門訪問美容室BROTE』も、自分たちの想像を上回るご反響をいただき、スタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。

2020年4月より拠点を北海道に移し活動します。

東京・表参道/原宿で培った20年分の技術の集大成を、ご自宅で皆様に全力でご提供させていただきます。

※2020/4月〜 活動範囲 北海道十勝地方全域

ご予約・ご相談はこちらから