高齢出産の私が日赤で帝王切開!出産費用から保険支払額まで全て教えちゃいます。

佐久間
こんにちは!BROTEの佐久間です

最近、周りで妊娠、出産をしてるお友達がいるのですが、そのお友達の出産費用がびっくりするほど高くて驚きを隠せない私なのですが。。。

病院によって料金がぜんぜん違うんですよね。

 

わたしは日本赤十字社医療センターで出産いたしました。

今回の記事はズバリ

日本赤十字社医療センターでの出産でいくらかかったのか?

保険に入っててよかった〜という記事です。

出産費用の全国平均を調べたところ48万円でした。

日本赤十字社医療センター(以後、日赤)で、帝王切開で出産した私は、637430円でした。

全国平均でみると高めのお値段ですね。

 

内訳はというと

入院料          28000円

分娩介助料        366000円

新生児管理保育料      46700円

産科医療補償制度      16000円

1部負担金        18730円


合計         637430円
そして国民健康保険からの出産育児一時金、420000円を差し引いて、支払いは217430円
となりました。
私の入院した部屋はプラス料金のかからない、4人部屋でしたので個室希望の方だと、ここに室料差額がプラスされます。
全国の出産費用より、お高めでしたのでわたしは入院中の食事をかなり期待していたのですが、残念ながら日赤の食事は
質素でありました。。。。
佐久間
寂しかったですうう〜
味が薄くて米が多い〜。。。。
すみません。食べるのが生きがいなんで。。。
前の記事でも書きましたが、文句が多いですけど日赤で健康な赤ちゃんを産めて、とても良かったです。

保険の話

皆様、保険に入っていますか?

実は、私、妊娠が分かった時に保険に入っていなかったのです。

友達に妊娠を報告した時に指摘されてあわてて入りに行きました。

結果、帝王切開をする事になったので友達には本当に感謝です。

ご存知の通り出産は病気ではないです。
基本的には
国民健康保険の対象外になりますが、妊娠・分娩の医療費用は、原則全額自己負担です。ただ帝王切開での出産は国民健康保険の対象となり、自己負担割合は3割になります。

日赤はできるだけ自然分娩をできるように尽くしてくれる病院です。

日赤は、無痛分娩をやっていないので無痛分娩で出産したい方は注意!本人希望での帝王切開もやっておりません。前回が帝王切開の方も自然分娩ができるようなら自然分娩を推奨するようです。

なのでギリギリまでまさか帝王切開になるとは思っていませんでした。

妊娠してるけど、保険に入ってない方は何が起きるかわからないので保険に入ることをおすすめします!!

私は、アクサ生命を選びました。

アクサ生命からの支払いは205000円でした。

なので、実質出産費は12430円となりました!

ぱちぱちぱち〜

アクサ生命ありがとう。

教えてくれた友達ありがとう!!!

そして、最後までよんで頂いてありがとうございます。

病院選びで悩んでいる方、日赤での出産をお考えのお方の参考になれれば幸いです。


BROTEは東京・青山・原宿で活動する夫婦二人で自宅に伺う妊婦・育児ママ専門の『訪問美容室』です。

体調や育児で大変なママの時間と都合に合わせて従来の訪問美容室にはない『ハイクオリティーとおしゃれ』を運びます。

また訪問美容をご希望でない方はサロンへおいでいただくことも可能です。

サロンの場所は東京の明治神宮前(原宿・表参道)にございます。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料相談は→こちら

-BROTE北海道展開のお知らせ-

『妊婦・育児ママ 専門訪問美容室BROTE』も、自分たちの想像を上回るご反響をいただき、スタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。

2020年4月より拠点を北海道に移し活動します。

東京・表参道/原宿で培った20年分の技術の集大成を、ご自宅で皆様に全力でご提供させていただきます。

※2020/4月〜 活動範囲 北海道十勝地方全域

ご予約・ご相談はこちらから